安全安心なクルマ社会をめざして (一社)福島県自家用自動車協会


第1.目的

 自動車は、国民の生活や経済の発展に必要不可欠なものであり、その役割はますます重要なものとなっている。
 一方、我が国の交通事故の発生件数は依然として厳しい状況にあり、平成28年1月に軽井沢で発生したスキーバス事故は世の中に大きな衝撃を与えた。
 大型トラックでは、依然として重大事故につながりかねない車輪脱落事故が発生しているほか、昨年10月には脱落したスペアタイヤに起因する死亡事故も発生している。
 バスについては、車齢の高い車両も数多く使用されているという現実の中で、火災事故も目立ってきていることをはじめ、車体フレーム腐食による事故などの自動車の不具合による事故が発生している。
 これらのことから、車両の安全確保のために確実な点検・整備を行うことが、ますます重要となっている。
 また、環境面においても、排出ガスによる大気汚染や地球温暖化問題への対応が重要となっている。
 本来、自動車ユーザーには、自動車の不具合による事故の防止や環境保全を図ることを目的として、自動車の点検・整備の実施が義務付けられているが、そのことが自動車ユーザーに十分理解されておらず、その実施状況は十分ではない。
 また、大型車については、使用状況の過酷さ及び事故時の影響の大きさ等に鑑みれば、車両火災事故、車輪脱落事故及び車体フレーム腐食による事故を防止するための重点的な点検の実施等の取り組みも必要である。
 以上のことから、「不正改造車を排除する運動」など他の運動等と連携を図った相乗効果をねらいつつ、自動車関係団体等の協力を得て、「自動車点検整備推進運動」を全国的に展開することにより、自動車ユーザーに点検・整備の実施の必要性や重要性を理解してもらうとともに、大型車のユーザーにあっては、車両火災の発生部位となっている燃料装置や電気配線等の装置、ホイールの取付状態、車体フレームの腐食状態等について、より確実な点検・整備の実施を求めることとする。

 

第2.期間

 本運動は、1年を通して実施するものとするが、特に全国統一の強化月間を平成30年9月1日(土)から9月30日(日)までの1ヶ月間とし、これに加え、地域事情に応じて各地方が独自に設定する1ヶ月間を地方独自強化月間とし、各取り組みを強力に推進する。
 

第3.重点項目

 1.全国統一強化月間の重点項目
  (1)点検・整備の必要性や重要性の啓発(女性、10代から30代の自動車ユーザーに重点を置く。)

  (2)大型自動車に関する適切な点検・整備の実施方法についての啓発

 2.地方独自強化月間の重点項目
  各地方運輸局及び内閣府沖縄総合事務局(以下「各地方運輸局等」という。)は、上記1の重点項目
 及びエコ整備(点検・整備によるCO2削減効果をいう。以下同じ。)の啓発を重点項目と定めるほか、
 地域の実情等に即して必要があるときは、地域独自の重点項目を定めることができる。

 

                                                         

自動車点検整備推進協議会HP